糖尿病

CGM (持続グルコース測定)

 CGM (持続皮下グルコース測定)は、血糖値を24時間(5分ごと)持続的に測定・記録することができる機器です。
 SMBG(自己血糖測定)の困難な時間帯や就寝時の血糖変化を記録することができます。

 また、記録した血糖値がどのように変化しているかをグラフや表にして確認することができます。それにより、無自覚性低血糖の原因や、SMBGではわからないHbA1cが高値になる原因を理解することを容易にしてくれます。

 持続グルコースシステムは、記録機器とセンサーが一体の小型設計なので、コードが絡まる心配もありません。入力の必要もなく便利です。




ファイルイメージ

データの例はこちらから


印刷用のPDFはこちら

ファイルイメージ

前のページ糖尿病最初のページ次のページ